スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

集大成。 

 終わりました。全てが終わりました。

 何なんでしょうね、今のこのキモチは。えっつも言ってましたが、とても言葉では表わせません

 達成感、満足感、4回生の方が卒部される寂しさ、それを受け入れたくない意地っ張りな気持ち、部員全員でステージに立てる喜び、聞いてくれたお客さんがあんなにたくさんいたこと、毎晩遅くまでスパルタで複式呼吸を教えてくれた寮の先輩への感謝の気持ち、…今日まで、自分なりにホンマに頑張ってきたつもりでした。こんなこと分かってて入部したんやろ、言い訳するなって思われると思うけど、でも土曜日の練習に全く行けないのがすごくしんどかった。ホンマに。それでも平日にもミーティングや寮の門限があって全然練習できなくて、何度も自分の気持ちと実力のギャップに苦しみました。何より周りのみんな、特にフルートパートの皆さんにすごく申し訳なさでいっぱいで、何度も涙しました。でも定演2ヶ月前から毎晩腹筋をしたり、寮のクラ歴6年の先輩に複式呼吸講座をしてもらったり。1ヶ月前ぐらいからは、本気でフルートが上手くなりたいと思ったのとホンマにヤバイという焦りが私を本気にさせました月、水は部活ですが、木曜日は3限が終わってから夜の8時まで、金曜日は4限の空き時間と5限が終わってまた8時まで。土曜日は16:10までの授業の後に部室行った日もありましたが、そのまま学校で8時まで練習した日もありました。中高とフルート吹いてきましたが、今回、こんなにフルートもっと上手くなりたいって思ったのは、初めてだったかもしれません。いや、初めてでした。4回生の先輩との出会いは私にとってかなり衝撃的なものでした。少しでも先輩みたいなキレイな音が出せるようになりたい、もうこれ以上パートの方に迷惑はかけられない、練習時間が確保できないことを理由に妥協したくない、色んな想いがありました。でも今日アンコールも全部吹き終わった時、今までに味わったことがないぐらい感動し、満足感で胸がイッパイになりました
 2時間の演奏会、あっという間でした。I部はマーチで幕開けしたと思ったら、すぐタンタンのフィナーレがやってきて、ホンマにあっという間。俗謡の最初のピッチ、成功しました力が入ってたのか、途中で1回フルートが震えちゃったのがすごく悔しかったけどタンタンのSoliもめ~~~っちゃ緊張してしまって、でも震えるんだけはしたらいかんと思って必死やったら、めっちゃピッチが低くて失敗申し訳ありませんでした…でもII部にはちゃんと切り替えていきました。めっちゃ楽しかったIII部が始まる前に、フルート5人で手つないで心を一つにしました。あん時はちょっとヤバかった。もうこれでホンマに最後、そう実感しました。III部は意外に冷静に、1つ1つ今までやってきたことを噛み締めながら吹きました。成功したとこも失敗したとこもあったけど、何よりハイCがキレイに出来たひ○おさ~~ん、出来ましたぁって心の中で叫んでいました。白鳥吹き終わったら、何かフワ~って力が抜けていきました。全身全霊ってこういうことなんかなぁ
 そしてアンコール。感動の1曲目が終わり、2曲目の楽譜を開いたら、何とフルートの3人の先輩からの手紙が貼られていて、もうアウトでした。ぺぇと目を合わせたら、4回生の先輩も3回生の先輩もこっちを向いて下さって、隣にいらっしゃった2回生の先輩が普通な顔してハイ、って楽譜を見せて下さって、もぅこらえていた涙がドーっと流れてきました。でもいつもなら泣きすぎて楽器なんかとてもじゃないけど吹けないほど収集がつかなくなる私ですが、4回生の先輩からの「今日は最後まで演奏会楽しみましょう!」というメッセージが目に入って、今自分にできる精一杯のことはこのアンコールをちゃんと最後まで吹き切ることや、と思って頑張りました。本番が全て終わってカーテンが閉まったら号泣してしまいましたが。でも今回の自分の目標が、後悔だけはしないように、だったのですが、それは完全に達成できました。失敗しちゃった部分もあったけど、完全燃焼できました。

 
 4回生の先輩との最後のステージが終わりました。3回生の方が1年間一生懸命頑張ってこられた幹部の年の大舞台が終わりました。定演って、何なんでしょうね?ホンマに。こんな感情になるとは、全くこれっぽっちも想像してませんでした…○大ブラスに入部して7ヶ月。楽しいことも辛いことも悔しいことも泣いたことも、色々ありました。でも今日2回生の先輩も4回生の先輩も手紙に書いて下さっていましたが、この部活は絶対に成長していける場で、本気で泣ける場だと思いました。こんなに一生懸命になれる時間が持てること。こんなに尊敬できる先輩に出会えたこと。疲れてる私にそっとミスドを買ってきてくれたりメールで励ましてくれた寮の先輩や友達。聞きにきてくれたたくさんの方々。離れてはいるけれど、いつも応援してくれた家族。本当にたくさんの方々に支えていただきました。
 全ての人にありがとうございましたを言いたいです。こんなにあったかい気持ちになれるなんて、こんなに大きなことをこんな素敵な人たちとやれるなんて、私は幸せ者です。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://millefecafe.blog21.fc2.com/tb.php/25-7238383f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。